セブ島留学マスター

資料請求 来社カウンセリング・無料説明会

留学の目的から選ぶ
留学のエリアから選ぶ
フィリピン・セブ島留学体験談

【学校一覧】バギオにある語学学校一覧

エリア別フィリピン留学:バコロド
英語を真剣に学びたいならバギオをお勧め!?

現在ではフィリピン=セブ島というのが常識となっていますが、日本人学生で溢れ留学ではなく”遊学”と揶揄されることも増えてきているようです。
そのような状況で近年注目を浴びているエリアが”バギオ”です。
ほとんどの学校がスパルタ式となっており、日本人学生も平均20%ほどしかいません。(※一部の学校を除きます。)
更にその20%ほどの日本人学生は真剣に英語を学びたいという思いでバギオを選択した意識の高い学生がほとんどです。
母国語禁止(English Only Policy)のルールも厳格に定められている学校がほとんどのため、英語を学ぶことだけにしっかりと集中できるエリアと断言できます!

気候が涼しいことも特徴で、フィリピンで唯一エアコンが不要なエリアです。
別名『サマーキャピタル』と呼ばれ、乾季である3月~5月には大統領府などの政府機関がバギオに移転します。
暑さが苦手な方、エアコンが苦手な方にもおすすめのエリアとなります。
但し、雨期である6月~11月はかなり雨が降り、湿度も高くなります。日本の梅雨のような蒸し暑い感じではありませんが、留学の時期には注意をしてください。

近年人気急上昇中のバギオでの留学!
是非お勧め致します。


セブ島留学での主な特徴
チェック

常夏のフィリピンにおいて唯一エアコンなしで生活ができる都市です。

チェック 意識の高い学生が集まっており、勉強の邪魔などをされることも少ない。
チェック ほとんどの学校がスパルタ式で、母国語禁止なども徹底されている。
チェック 雨期である6月~11月の期間は降水量が多く湿度も高いため注意が必要です。


~バギオの学校一覧~


MONOL|モノル
トップクラスの学校設備
寮内でもwifiが完備の数少ない学校
MONOL(モノル)


MONOL(モノル)校はフィリピンの中にある語学学校の中でもトップクラスの学校設備を兼ね備えた語学学校です。
重点に重きを置いたカリキュラムで、しっかりと長期記憶に定着をさせる授業を行っています。
母国語禁止(English Only Policy)制度も厳格に定められており、日本人学生の比率も少ないため英語漬けの環境に身を置くことが可能です。
学校設備がハイクオリティで、ジムやヨガ場などもあり、食事の質にも定評があります。



JIC BAGUIO|ジェイアイシー バギオ
マンツーマン重視
IELTSコースに強い学校
JIC BAGUIO (ジェイアイシー バギオ)


JICバギオ校(PSキャンパス)は1日のマンツーマン授業が6コマとスピーキング重視のカリキュラムとなっております。
ネイティブ講師からマンツーマン授業を受けられるコースもあり、フィリピン留学後にワーホリや2か国留学を検討の方にお勧めの学校です。
IELTSコースにも定評があり、保証コースがあります。(※IELTSキャンパスは2016年にPSキャンパスと合併しました。)



PINES|パインス
バギオにある老舗有名語学学校
講師のレベルが高い!
PINES(パインス)


PINES校はバギオにある老舗語学学校です。
PINES校の講師レベルの高さには定評があります。独自の厳格な採用テストに合格した講師のみで構成され、また採用後には学生からの評価が一定基準を下回ると解雇されるなど厳しい基準のもとに高い講師レベルが保たれています。
キャンパスは初級から中級のクイサンキャンパス、上級レベルのチャピスキャンパスに分かれています。
近年は日本でも認知度が上がり、日本人の割合が高まってきています。