~必ず持っていく事が必要な持ち物~
持ち物 備考 重要度
チェック
パスポート
フィリピンへの入国は帰国予定から6ヶ月以上の残存が必要です。海外に渡航する際に必ず必要な最重要の持ち物ですので、忘れずに!
パスポートコピー
写真の写っているページを2枚コピーをし、1枚は財布などに入れ携帯し、もう1枚は紛失時に備え、トランクなどで保管しましょう。
現金
一番確実で両替時に最も良いレートとなります。国際キャッシュカードやクレジットカードのキャッシングを使う予定でも、最低限(数万円)の現金を用意しておくことをお勧めします。
航空券
ご購入済みのe-TICKETを印刷してお持ちください。スマホやタブレット表示でも対応が可能なケースもありますが、念のため必ず印刷をしてお持ちください。また、出入国時にお帰りの航空券(もしくはフィリピンから第3国へ航空券)の提示が必要となります。
海外旅行保険証
海外保険への加入は必須です。必ず出国までに準備をしましょう。
トイレットペーパー
基本的にどの語学学校もトイレットペーパーの備え付けがありません。入学翌日のオリエンテーション時にスーパーマーケット等でご購入頂くのですが、事前に1ロール程度持っていかれることをお勧め致します。
スマートフォン
家族との連絡など様々な場面で活躍します。(※ジプニー利用などでのスリが多発していますので、携帯方法には十分注意を。)
電子辞書
スマホで代用可能ですが、wifiの通信状況により使用ができない場合もあるため、電子辞書があると便利です。講師とのコミュニケーションを取る際に必要にもなります。
~セブ島留学に持っていくと便利な持ち物~
証明写真
5cm×5cmを2枚以上(※必ず背景が白いもの)
>>スマホで撮ってコンビニでプリント
VISAの申請時などに利用しますが、現地でも取得できますので必須ではありません。
国際キャッシュカード
新生銀行(キャッシュカード)や楽天銀行(visaデビット)、ジャパンネット銀行(visaデビット)などがあれば、モールなどに設置のATMで引き出しが可能で非常に便利です。留学前に1枚は作っておくと良いでしょう。
ノートパソコン
勉強や情報収集、SNSサイトの更新や日本への連絡など、あらゆる面で役立ちます。220V対応の充電器かを確認しましょう。
筆記用具
現地でも購入は可能ですが、品揃え品質は日本に分がありますし、使い慣れているものを持っていくのがベター。
英語教材
学校に教材はありますが、全て英語で書かれた教材です。文法などは日本語で書かれた教材の方が分かりやすいため、使い慣れたものを持っていきましょう。
クリアファイル
短期留学の場合、教材はコピーしたものを使用するケースが多いため、整理のためあると便利です。
デジタルカメラ
観光に行ったり、お友達との思い出の記念に利用シーンは多いと思いますが、スマホのカメラも最近では高精度なので代用可能です。220V対応の充電器かを確認しましょう。
メモリーカード
写真データの保存や容量の大きいデータのやりとりにあると便利です。
ポケットwifi
フィリピンはインターネットの回線が非常に悪いです…。ほとんどの学校が寮内でwifiは繋がらないため、必要であれば持参ください。
~セブ島留学に持って行くと便利な持ち物(日常生活編)~
日本食材
現地で購入する事もできますが、品数が少なく値段も割高です。レトルトの味噌汁、梅干し、ふりかけなどがあればよいと思います。
衣類
Tシャツやハーフパンツ、サンダルなどは現地で安く売っていますので、日本からは最低限の衣類のみ持ち込むようにしましょう。(※日本への帰国の時期が冬の場合は、長袖・ヒートテックなどを用意しておくと良いでしょう。
タオル
バスタオルなどは現地購入がお勧めですが、ハンドタオルなど荷物にならないものは留学翌日のオリエンテーションまでに重宝しますので持っていくの吉です。
水着
学校のプール、週末トリップなどで利用する機会があると思いますので、お持ち頂いた方がよいと思います。
ドライヤー
寮内には備え付けられていませんので、日本から海外対応(220V)のものを購入してお持ち頂くか、現地で購入が必要です。
>>日本で購入する場合
コンタクトレンズ
現地でも購入可能ですが、品数が悪く値段も高いです。
コップ・タンブラー
ほとんどの学校には給水機が備え付けられていますが、コップはないため日本から持っていくのが良いですが、現地でも安く買えますので、それほど気にする必要はありません。
日焼け止め
フィリピンの日差しはとても強いため、お持ち頂くのがよいと思います。(※現地でもご購入頂けますが、品質は日本製が優れていますので、肌がデリケートな方は日本から持参ください。)
虫よけスプレー
虫が多いため、虫よけスプレーやかゆみ止めなどは日本から持っていくのが良いでしょう。
常備薬
慣れない気候と環境で体調を崩した時のため、風邪薬・胃腸薬・頭痛薬、目薬などは日本から持っていくのがよいでしょう。
爪切り
2週間以上の滞在の方は必須だと思います。現地でも購入可能ですが、荷物にならないため日本から持っていくのがベターです。
マスク
セブ市内は渋滞が多く排気ガスがひどいため、喉が弱い方はマスクやうがい薬などを持参しましょう。
生理用品
現地でもご購入は可能ですが、使い慣れたものが良い場合は持参するのがベターですが、長期留学の場合は荷物になると思いますので、ご注意下さい。
シャンプー・リンス
現地購入で問題ありませんが、メーカーなどこだわりがある場合は日本から持っていくと良いでしょう。ラックス、パンテーン、DOVEなどは現地でも売っています。
変圧器
あれば便利ですが、現在、スマホやノートパソコンなどの電気機器は海外対応となっていますので、基本的にはあまり必要ないと思います。また、どうしても必要であれば現地でも安く売っています。
~現地で購入で問題ないもの~
サンダル
長期留学の方は荷物になるため、日本からの持っていく必要はありません。SMなどで100ペソ程度とかなり安く種類も豊富にあります。
--- ---
変換プラグ
コンセントの変換プラグは、日本と同じ形状ですので必要ありません。電圧が220V対応かどうかをご確認下さい。 --- ---