フィリピン留学ブログ

フィリピン・セブ留学に役立つブログ。失敗して後悔しないための情報、留学前の学習方法など。

【2020年最新版】セブ島で手に入るおすすめコスメ15選(お土産にも!)を紹介

   

これからセブ島に留学や旅行に行く方、現地でどんなコスメ(化粧品やスキンケア用品)が手に入るのか気になっていませんか。

  • 長期で滞在予定のため、現地で購入できるコスメが気になる方
  • 持っていく荷物を減らして、現地のコスメで対応したい方

私自身もセブ島に長期滞在しているため、現地で手に入るコスメを愛用中です。
ものによっては日本で手に入らなかったり、より安く購入できることもあります。

ということで今回は、現地セブ島で手に入れることのできるコスメをご紹介します。
日本から持参する必要がなくなるアイテムもあるかもしれないので、これからセブ島に渡航される方は、チェックしてみてくださいね。

 

【セブ島在住女子が教える】おすすめコスメ15選

ここでご紹介するアイテムは、日本で購入ができないもの、もしくはセブ島の方がリーズナブルに購入できるものです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

おすすめコスメ①:Virgin Coconut Oil

引用:echo store

日本でも一時期人気となったココナッツオイル。

セブ島では250mlのものが200~300ペソ(約430~640円)で購入できます。

同じものを日本で購入しようとなると、1,500円以上はしてくるでしょう。

しかし、日本では高級品の部類に入るココナッツオイルもセブ島では格安で手に入ります。

使い方はたくさんありますが、以下の使い方がおすすめ。

  1. ボディオイル:お風呂上りの化粧水後に全身に保湿用として
  2. ヘアオイル:タオルドライ後のトリートメント代わりやヘアセット時に
  3. メイク落とし:アイメイク落としとして
  4. 食用:コーヒーに入れたり調理用のオイルとしても

 

おすすめコスメ②:パパイヤ石鹸

引用:watosons

ビタミンCや、カロテン、リコピンの抗酸化作用が美白に効果があると言われている、パパイヤの石鹸がセブ島では手に入ります。

古い角質を取り除き、肌の細胞を活性化する作用もあるため、くすみやにきびにも効果的だとか。

美白に効果があり、価格は30~50ペソ(約65~106円)と格安なことから現地のフィリピン女性にも人気があります。

ちなみに日本の通販で購入すると、1,000円程になるので、断然セブ島で購入した方がオトク!

 

<おすすめのブランド>

  • Silka
  • GT
  • Likas

他にもたくさんのブランドがあるので、使い比べてみるのもおすすめです。

 

おすすめコスメ③:Human Nature

引用:Human Nature

Human Natureはフィリピン発のオーガニックコスメブランドです。

スキンケア用の基礎化粧品をはじめ、シャンプーやトリートメント、メイクアップアイテムと、ラインナップは幅広いです。

常夏のフィリピンで欠かせない、日焼け止めや虫よけ、デオドラント(制汗剤)も取り揃えています。

価格も50~400ペソ(約106~855円)とオーガニック商品にしてはお手頃なので、気軽に試せるのもおすすめの理由。

バラマキ用のお土産としても女性に喜ばれるでしょう!

 

おすすめコスメ④:THE BODY SHOPのモリンガシリーズ

引用:The body shop

日本でもおなじみのTHE BODY SHOPでは、セブ島限定でモリンガの商品を取り扱っています。

モリンガとは、亜熱帯の国々で薬や美容、健康のために使われていて、その高い栄養効果が世界中で人気となっている植物です。

  • ボディスクラブ
  • ボディーソープ
  • ボディミスト
  • ボディバター
  • 固形石鹸
  • ハンドクリーム
  • ボディローション
  • ボディオイル

などのモリンガ商品が販売されています。

 

おすすめコスメ⑤:BYS

引用:BYS

フィリピンではなく、オーストラリア発のコスメブランド。

日本にはまだ未上陸なので、セブ島に来た時が購入のチャンスです。
フィリピン限定の商品もあるので、見逃せません!

パッケージもお洒落で可愛く、色味もカラフルなものが多いので、普段日本では挑戦できないような色味を試してみるのも気分が上がります。

おすすめはアイシャドーパレット。

思わずパケ買いしたくなるデザインで、色味も南国ならではです。

価格は1,000~2,000ペソ(約2,140~4,280円)ほどと、安いとは言えませんが、日本では購入できないのでトライしてみるのもおすすめ。

おすすめコスメ⑥:DERMPLUS SUNSCREEN

引用:DERMPLUS

フィリピンの日差しは想像以上に強いです。

日本では、SPF80ぐらいまでのものが売られていますが、フィリピンで売られているDERMPLUSはSPF130があり、効果は抜群。

  • SPF35
  • SPF80
  • SPF130

価格も日本に比べて安く、SPF130のものも1,000円程で購入できます。
日本では手に入らないので、フィリピンに来たら購入必須です。

 

おすすめコスメ⑦:Castile Soap

引用:Casa de Lorenzo

フィリピン発のオーガニックコスメです。

ボディーソープと、オイルをメインに取り扱っていて、敏感肌やアレルギーのある方、赤ちゃんでも使えることができるほど、材料にこだわっています。

そして、ボディーソープにもアロマ効果があるので、リラックス効果も期待できます。

250mlで150ペソ(約320円)なので、こちらもお手頃。

環境の変化などでストレスが溜まっている方には嬉しいアロマ効果があるので、おすすめです。

見た目も上品なので、お土産にも喜ばれます。

 

おすすめコスメ⑧:Snoe

引用:Snoe

Snoe(スノエ)というマニラを中心に展開しているフィリピン発のコスメブランド。

基礎化粧品から、ヘアケア、メイクアップアイテムまで幅広い商品を販売しています。

現地でも若いフィリピン女性を中心に人気を集めていて、見た目も可愛いのでお土産にも喜ばれること間違いなしです。

ただし、メイクアップアイテムは現地の子向けで派手な色合いが多いです。
派手なスタイルが得意でない方は、基礎化粧品の方がおすすめ

おすすめコスメ⑨:ORYSPA

引用:ORYSPA

ORYSPAはフィリピン発の米ぬか・米油を使用した製品を取り扱っているブランドです。

ボディケアやフェイシャルケア、ボディスクラブなどを中心に販売していて、中でもChili Oilが人気を集めています。

おでこやこめかみ、首や耳の後ろなどに塗るとメンソールのようにスーッとして、眠気覚ましや肩こり、筋肉痛などに効果があります。

リラックス効果もあるので、寝る前に塗るのがおすすめ。

留学中の勉強や、観光などの疲れを取るのにも最適です。

価格も300ペソ(約640円)前後とお手頃なのでぜひ試してみてくださいね。

 

おすすめコスメ⑩:Tiger Balm

引用:Tiger malm

東南アジアを中心に販売されているタイガーバームはフィリピンでも購入できます。

タイガーバームは日本でいう軟膏役のようなもので、種類は2つあります。

  1. レッド(ホット):筋肉痛や肩こり、頭痛に効果あり
  2. ホワイト(クール):頭痛や鼻づまり、虫刺されに効果あり

日本でも購入できますが、価格はやはりフィリピンの方が安く、80ペソ(約170円)ほどの半額近くで購入できます。

 

おすすめコスメ⑪:pH care

引用:PH Care

フィリピンではフェミニンウォッシュといわれ、フィリピン女性が愛用している、デリケートゾーン専用の石鹸です。

気になる匂いの防臭効果や、殺菌効果もある優れたアイテム

日本でもPH Japanという名で販売されていますが、価格は800円程します。
同じサイズをフィリピンで購入すると、400円程なので断然フィリピンで購入する方がオトクです。

サイズや香りもたくさんあるので、女性間でのお土産としても喜ばれるでしょう。

 

おすすめコスメ⑫:ベビーパウダー

引用:Johnson’s 

日本では赤ちゃんのあせも対策をメインに使われていますが、フィリピンでは顔の皮脂対策としてベビーパウダーを使うのが定番です。

また、ファンデーション代わりとしても使われています。

年中気温の高いフィリピンでは、少し外出しただけで汗をかき、顔がてかってしまう…という問題に陥ります。
ファンデーションを塗っても、汗で崩れてしまうので、フィリピン人女性はベビーパウダーを使って対策しているようです。

価格も日本に比べ圧倒的に安いので、フィリピンに長期滞在する方はフィリピーナのようにベビーパウダーを愛用するのがおすすめ。

小さいもので20ペソ(約43円)から購入できるので試しやすいですよ。

 

おすすめコスメ⑬:elips

引用:elips

elipsはインドネシア発のヘアケア商品ですが、フィリピンでも購入することができます。

カプセルタイプの洗い流さないトリートメントで、カプセルの色によって香りや効果が異なります。

  • パープル:カラーリングのダメージ補修
  • イエロー:髪に輝きを与える
  • ピンク:ダメージヘア全般
  • オレンジ:枝毛や切れ毛に効果あり
  • ブラック:黒髪をより美しくする

全部で5種類あるので、あなたに合った効果のカラーを試してみてください。

elipsは日本でも購入できますが、値は張るので、フィリピンに訪れた際に購入するのがおすすめ。

女性へのお土産でも喜ばれます。

 

おすすめコスメ⑭:VITRESS

引用:Splash corporation

フィリピンのスーパーや薬局であれば、どこでも購入することができるヘアオイルです。

タオルドライした後に髪に馴染ませ、ドライヤーで乾かすだけ。

種類は全部で4つあります。

  1. CLASSIC:どの髪質にも対応
  2. HEAT PROTECT(グリーン):コテやドライヤーから髪を守る
  3. HAIR REPAIR(ブルー):パーマやカラーリングのダメージに効果的
  4. INSTANT RELAX(ピンク):クセ毛をストレートヘアにしてくれる

サイズも小さく、80ペソ(約172円)ほどと、お手頃なのでバラマキ用のお土産としても喜ばれます!

 

おすすめコスメ⑮:小分けのシャンプーとコンディショナー

小分けのシャンプー・コンディショナーは日本のスーパー・薬局ではあまり見ることがありませんが、フィリピンではどのお店でも購入することができます。

1回ごとに使いきれるので、旅行の時にとっても役に立ちます。

そして、私のおすすめはパンテーン!

日本のパンテーンより香りが強めでドライヤー後もいい香りが続き、気分が上がります。

価格は1つ2ペソ(約4円)ほどなので、大量買いして日本に持って帰ると、旅行時に重宝しますよ。

 

コスメが手に入る場所はここ!

続いて、ご紹介した上記のコスメが購入できる場所もあわせてお伝えします。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

コスメが手に入る場所①:薬局

コスメの品ぞろえは薬局が一番です。

セブ島にはいくつか薬局があり、おすすめはこちらです。

  • mercury drug
  • Watosons
  • Rose Pharmacy

メインはこの3つで、中でもWatosonsに行けば、ほとんどのものがそろっていると言っても過言ではありません。

迷ったらWatosonsに行きましょう!

 

コスメが手に入る場所②:ショッピングモール

セブ島には大きなショッピングモールがたくさんあります。

  • Ayala Center mall:観光客向け
  • SM City Cebu:観光客向け
  • SM Seaside City Cebu:観光客向け
  • Robinson Galleria:観光客・ローカル向け
  • J centre Mall:観光客・ローカル向け
  • Park Mall:ローカル向け
  • Elizabeth Mall:ローカル向け
  • Gaisano Country Mall:ローカル向け
  • JY Square:ローカル向け

観光客向けのモールはハイブランドのお店が多く、ローカル向けのモールはリーズナブルなフィリピンブランドが多めです。

モールの中に露店がたくさんあり、コスメはそういった露店やモールに入っている薬局で手に入れることができます。

 

コスメが手に入る場所③:スーパーマーケット

人気商品や定番品はスーパーでも手に入れることができます。

  • Metro Supermarket
  • Robinsons Supermarket
  • SM Supermarket
  • Savemore Market
  • Fooda

この5つがお店の規模も大きくて、品ぞろえも豊富です。

 

コスメが手に入る場所④:お土産屋さん

フィリピンコスメはお土産屋さんでも購入することができます。

有名なお土産屋さんは、以下の3つです。

  • Kultura(カルチュラ)
  • Island Souvenirs
  • Submarine Gift Shop(サブマリンギフトショップ)

KulturaとIsland Souvenirsはショッピングモールに入っていますが、Submarine Gift Shopはショッピングモール内にはありません。

マクタン島のJパークアイランド近くの繁華街にあります。
コスメ以外にも可愛い雑貨などがお土産として販売されているので、マクタン島に訪れる際はチェックしてみてくださいね。

 

まとめ:日本では手に入らないアイテムを!

セブ島では日本では購入できないコスメや、日本より安く手に入るアイテムがたくさんあります。
リーズナブルなので、手軽に楽しめるのもメリットです。

また、常夏のフィリピンならではのものもたくさんあるので、お土産としても喜ばれます。

セブ島を訪れた際には見逃さないでくださいね!

 

The following two tabs change content below.
もりなつ
2カ国のワーキングホリデー、フィリピン留学・現地就職を経験後に留学ライターとして活動。 自身の経験をもとに、これから留学やワーホリに行かれる方の役に立つ情報を発信しています。

 - レストランとショッピング