フィリピン留学ブログ

セブ島留学マスターよりお届けしています

【2019年版】フィリピン・セブで必要な空港税とは?

      2019/09/07

hnd_airport

フィリピンの空港税は航空券代金に含まれている?それとも現地で支払う必要がある?

現在では基本的にほとんどのフィリピンの空港では空港税は”航空券代金に含まれています”
※最もメジャーなマニラの空港税550ペソは2015年2月1日のご搭乗より航空券代金に含まれることとなりました。

※セブのマクタン空港税は2019年7月31日より航空券代金に含まれることとなりました。
※フィリピンあるあるで、上記は延期になりセブのマクタン空港税は2019年9月1日より航空券代金に含まれることとなりました。(※再延期の可能性あり ←8/30に正式に確定となりました)

但し、留学先として人気のあるセブ島、クラーク、一部国内線については現在も現地にて支払いをする必要がありますので注意をしましょう。

支払いにはフィリピンの通貨である”ペソ”もしくはアメリカドルが必要で日本円での支払いはできませんので帰国時には予め必要なペソを残しておくことをオススメします。
(※最悪、日本円があればフィリピンのほとんどの空港には両替所がありますので、問題はありません。レートはあまりよくないため、事前に両替済みのペソを持っておくことをオススメします。)

airport

空港税が現地にて支払いが必要な都市

(2才未満の幼児はお支払い不要です。それ以外のお子様は大人と同額をお支払い頂く必要があります。)

セブ島(マクタン空港)850ペソ

(※第2ターミナルオープンのため2018.7.01から従来の750ペソから値上げ)

マクタン空港税は2019年9月1日より航空券代金に含まれることとなりました。
(※上記以前にご購入の航空券に関しましては850ペソをマクタン空港にて納めて頂く必要がございます。)

※マニラ経由で帰国する場合は同様に航空券代金に含まれており現地でのお支払いは不要です。

クラーク 600ペソ

2018.8.8時点で対ペソのレートは2.11です。
(ペソの上記2.11をかけるとおおよその日本円に換算できます。)

航空券に含まれている空港税(現地で支払う必要がない空港税)

<国際線>

マニラ 550ペソ

セブ(マクタン空港) 850ペソ


<フィリピン国内線>

マニラ 200ペソ

カティクラン(ボラカイ)200ペソ

バコロド/カガヤン/ダバオ/イロイロ/カリボ/プエルトプリンセサ 200ペソ
ドゥマゲティ/ジェネラルサントス/レガスピ/ロハス/タクロバン/ザンボアンガ 150ペソ

上記はフィリピンの主要な空港のみとなります。記載外の空港でも空港税はありますが、基本的には航空券代金に含まれております。

2019.8.30時点で対ペソのレートは2.04です。
(ペソの上記2.11をかけるとおおよその日本円に換算できます。)

注意事項

廃止になったはずの空港税を請求される場合がある?

大昔に比べると被害は激減していますが、悪しきフィリピンの慣習といいますか…、空港職員にワイロを要求されることがあります。
よくあるのが、持参した荷物に難癖をつけて、これは持ち込みできないが今回は特別に見逃すとか、出入国書類に不備があるが今回は見逃すので1,000円よこせ、みたいな感じです…。
今ではほとんどないと思いますが、こういったケースと同様に空港税を支払えと言われたケースもチラホラ聞きます。
万一、払う必要のない空港で空港税(ターミナルフィ)を支払えと言われた場合には、断るようにしましょう。
どうしても引き下がらない場合は、領収書をしっかりもらうようにしましょう。スマホで写真を撮るぞ!といえば尚ヨシですね。

(※掲載の情報は2019.7.22時点となりますので、上記のルールや金額が変更になる可能性がある点、ご注意ください。基本的には航空券に切り込みのスタイルが一般的ですので、空港税の現地徴収は廃止の方向になると思います。)

フィリピンでの空港税(ターミナルフィ)の支払いについてまとめ

2019年の7月時点で国際線に関しては現地払いとなるのはクラーク空港利用時のみとなります。
利用空港によっては、帰国時に所定の空港税を支払う必要がありますので、前もって支払いが必要な空港税分のペソは持参しておくようしましょう。
悪質な空港職員に不当な請求をされるケースがありますので、しっかりと事前に情報収集をして対応しましょう。
一部のLCCには空港税が入っていないケースも稀にあるようなので、ご自身がご購入頂いた航空券の支払い明細を確認しましょう。
(YQ ○○PHPと記載されていれば燃油サーチャージと航空保険料、LI ○○PHPと記載があるものは、旅客サービス料 (PASSENGER SERVICE CHARGE)=空港税となります。)

The following two tabs change content below.
宮川 稔基
宮川 稔基
(セブ島留学マスター代表) 1979年生まれ。愛媛県松山市出身。 旅行業勤務を経て、2008年に独立し、エスアールディ株式会社設立。 長年フィリピンに携わっている強みを生かし、セブ留学のリアルタイムな情報をお届けしたいと思います。 釣り、アウトドア、フットサルにも情熱を注いでいます。

 - 未分類