セブ島留学マスターのフィリピン留学ブログ

フィリピン留学関連の記事多数 – セブ島留学マスター

太田の自叙伝1編目 『オレ、英語出来るようになってモテたい。』フィリピン留学のススメ(全5編)

      2015/12/06

はっきり言って勉強が苦手だ。
小学生から成績も悪かったし理解力も読解力も語彙力もなかった。
得意教科は体育と習字。

今もそうだが人の3倍くらい努力しないと何でも平均になれないッス。。

当時は勉強する意味が分からなかったし、これがオレの将来何の意味があるんだぜ。。┐(´д`)┌ヤレヤレ
なぁんて答えの出ないもどかしさに睨みをきかせていた。

学期試験前日になっても勉強せずに何故か急遽、部屋掃除を始めていた程だ。
学生時代、英語の勉強した記憶が・・・ないッ。気付いたら高校も中退してたし。

がしかし僕は今フィリピン留学のエージェントという仕事に携わっている。

よって現在に至るまでのプロセスを書いていく。

0歳〜22歳 
頑張っても2行くらいの人生なので割愛します。

22歳〜
ト○タ車ディーラーで車や保険の営業の仕事をしていた。
全くもって車に興味なかったがとりあえず入った世界。
社風なのか何なのか縦社会が強い会社で、体育会系育ちの僕ではあったが、そういう雰囲気にやれやれしていた。
半年目くらいからは
『ずっとココにはいないだろうし若いうちに海外にでも出て~な~。』
なんて漠然と思っていた。

調子よい性格が手伝いルーキーイヤーから成績が良くって常にオケツ叩かれる気分を味わう年間の若年層成績リーグで運よくトップをとった時。
『よしッ今だ!!英語を話せるようになって早く世界に出てみたい!!』
そんな気持ちが次第に強くなっていた。

がしかし、社会人1年目の僕にはまだそんなお金がなかった。。
だって留学って高いでしょ?
アメリカ留学?ニューヨークが首都だっけか・・・?
イギリス留学?ベッカムの国だな!!
オーストラリア留学?オージービーフ食うか・・・?
学生時代の友人がオーストラリア留学帰国後に友人が英単語ひとつも覚えてなかった事実を思い出していた。
値段を聞いたら1か月で40万円くらいかかったと言っていた気が。。それに航空券も買うだろ?こりゃ参ったな。。。
高かったけど出会いに感謝!ってのは避けたいしな。。なんて思っていた。

とりあえず

もう少しお金貯めてとにかく海外に出て行くゾッ!・・・とだけ考え始め、
以前のような仕事モチベーションを無くしつつも、産まれて初めて現実的な目標を持った。

人って目標を持つと強い。
その日から仕事後に行きつけの焼き鳥屋やすし屋に行かなくなっていた。
大好物のグミも1日1袋にして喫煙もなるべく控えた。

仕事中も気付けば英語についてググる日々。
当時買ったばかりのiPhone4で英単語アプリをダウンロード。
空いた時間を見つけては英単語をがむしゃらに指をタップする。
そう、僕は人の3倍やらないと覚えられない。
不器用だから覚えてはすぐに忘れる・・・の繰り返し。
会話や文法の事なんて全く気にしない。
先ず英語に触れている事に満足を覚えいた。

『オレは今、英語の勉強してるんだぜぃ!!ひゃーい!!』
という感覚に酔う。

いつの日か妄想が膨らみ、外国人に道を聞かれたオータ君が流暢な英語で完璧に受け答えしてるところを近くにいた美女がチラッとこっちを見てるが、英語ナルシストテレパシーで気づきつつも済まし顔で何事もなかったようにステステと去っていく。めちゃくちゃカッケ―ぜσ(゚∀゚ )オレ
なんて中二的な妄想シュミレーションをニヤニヤしていた。

あ、当時は既に二十歳をゆうに超えた社会人でした。笑

がしかし、アプリで頑張っていてもそんな妄想と現実は遠い。果てしなく遠い。。。

その事実をよく知っていたのは無精びげを伸ばした売れない営業マン、そう紛れもなく当時の僕自身だった。

続く。『バカの壁、とっぱらっちゃえ』フィリピン留学のススメ2編目

フィリピン留学・セブ島留学のお問合わせは下記のウェブサイトから

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

この記事を書いた人

2329
ダメ人間を克服自分の人生をよくすべく日本から海外へ。
北海道札幌で生まれ、現在は転々と地球で生きています。ここ数年フィリピンに行ったり来たり人生をフィリピンとシェア中。セブ島留学マスター現地スタッフをしており、フィリピン留学へ来る方のために格安LTEポケットWiFiレンタル『アモアのWiFi』しています。情報が溢れた中ではありますがこのブログで僕の経験を基に次にくる日本人のために留学はもちろん、趣味の食について追いかけていきます!

 - その他, フィリピン留学・セブ島留学とは?, 失敗しない留学, 欧米留学vsフィリピン留学