セブ島留学マスターのフィリピン留学ブログ

フィリピン留学関連の記事多数 – セブ島留学マスター

太田の自叙伝3編目 『自分を変えられるのは自分だけだった』フィリピン留学のススメ(全5編)

      2015/12/06

『バカの壁、とっぱらっちゃえ』フィリピン留学のススメ2編目

→続き

このアプリはこんな感じ。

こんな具合に英語を聞き取り、これはこういう意味だなってのを選ぶ。

正直言って最初はめちゃくちゃムズイ。。。

今は分からないが4年くらい前の当時は、このアプリ内で他のユーザーとチャット機能みたいのがあった。

誰かと英語の話をしたい僕にとってここで誰かと何かしら英語の話が出来るかも!?

と思い自分と英語レベルが近いリンゴさんにコンタクトを取ってみた。

グミ男(俺)『こんにちは。英語の学習って本当難しいですね。中々単語も覚えられませんし、どうやったら話せるようになるのやら。。。です。』
って具合に当たり障りもない具合に送ったはずだ。

すると数日後だろうか。

リンゴさん『こんにちわ。わたしは最近オンライン英会話を始めましたよ~』
そんな返信が来ていた。

僕『!!!あー、そうなんですね。いいですよね!!』(ん・・・。オンライン英会話?何それ。。)
なんて知った被る。

当時の僕には全く知らない言葉だった。

英語を勉強している友達なんて皆無だ。それに友達とは休みが合わなくって当分会っていない。
今の僕の周りにいるのはキャバレ―好きの独身上司ばかりだ。そこで生きていては知るはずがなかった。

さっそくググる。

出てくる出てくる!

これは何だ、スカイプを通して英会話を習うことができるだと・・・。

今まで知らなかった事が出てくる出てくる。

よく分かっていないながらも気付いた頃にはオンライン英会話数社の登録をしていた。
ラングリッチ、レアジョブ、QQ・・・。

『てか安ッ!コーヒー1杯分以下だ。安い会社は100円くらいとか!マジかよ』

当時、オンライン英会話の事を知っている人はいたが、今ほど世に浸透していなかった。
各会社30分授業で2回分まで無料で受けられるとのことだ。

『ほお。講師が選べられるんだね。しかも何か若めの人たちだな。。。てかフィリピン人ッ!??』

まじかよ。フィリピンて英語の国だっけか!?

フィリピンのイメージというと・・フィリピンパブ。
何年か前にやけに明るいフィリピン人おばちゃんと日本語で話した記憶しかない。

まあ、いい。早速予約だ。当時の僕と同い年くらいの浅黒い女性講師にした。

次の日の21時にセッティングした。
これなら仕事終わってからすぐに帰宅すれば受けられる!
焦る気持ちと緊張が交差する。
なぜなら俺は英語が全く話せない。。

その日は朝から少し緊張していた。なぜなら僕は今日スカイプでオンライン英会話ってやつを受けるんだから。(しかも無料で)

『ありがとうございましたぁ』
本日最後のお客の車が見えなくなるまで深々と頭を下げるオオタ。

『ふう。そろそろ色々まとめて帰るか』

20時に仕事を終わらし見慣れた風景。
青いケツしたオオタが自慢のトヨタ車で
片手ハンドルでグミをかじりながら駆け抜ける。
カーペンターズを聞きながら。

到着。20時40分といったところ。

『よし、間に合った。』

iPhoneを持ってからすっかり埃をかぶったパソコン。
ウェットティッシュで埃と手垢で埋まった画面をキレイにふき取る。
画面に映った若造の顔は『不安』という文字で埋めつくされていた。

しかし、帰宅してシャワーを入る時間はない。着替える時間ももったいない。

・・・おッ!

スカイプの友達申請がきている。

ついに来たか。。。この時が。。。

時間は21時まであと5分か。

・・・・・・よしッ、もう後には戻れない!俺はやるんだッ!。。。よね?

やっぱしシャワー入ろうかな。スーツきたままとかキザな野郎とか思われないかな。
とにかく緊張を和らげる言い訳を考える。

21時まであと1分。。。

もう戻れんッ!!

スーツのしわなんて気にしてられない。椅子にあぐらをかくようにドシッと腰かけてコールを待つ。

鼓動の音が聞こえる。しかも痛い。
小学校の時、歌のテストで順番待ちしている時を思い出す。
フワフワっと雲の上を歩いている感覚だ。

『やるしかない。』

『そう。。。俺は今日を境に新たな世界をみるんだ。。。!!』

『はあ・・・・・怖え。。。』

プールゥールゥーツーンツー♪

『・・・・・・!!』

『。。来たのか。。!?』

『どうしようかな・・・・・。』

『友達元気かな・・・。』

『あー、やっぱり何か眠たいかも・・・・・・。』

ダメだそんなんじゃ!!!!!!!

もう一人の自分が怖気づいた自分を鼓舞する。

よっしゃああ、いっちゃれー!!ビデオ通話ボタンをクリックじゃああああああああ!!

ビデオ通話だからドンッと相手の顔が目の前に現れた。

最初の5分くらい記憶がない。
久々に味わう緊張感と自信のなさと初めて英語っていうやつで会話をする現実。

正気ではなかった。

それに英語だけだ。ほとんどわからん。。

唯一わかったのは

ヘロー タカヒロ!! アイアム ティーチャー メリール

俺は『聴きとる英会話 えいたま』で鍛えていたつもりでも

Thank you!! ( ̄∇ ̄;)HaHaHaHaHa

としか言えなかった。

あとマイネイム イズ タカ。は言えた。

そんなこんなで少しづつ緊張がほぐれ愛想笑いも様になってきたトキ

メリール先生が『シーユー(^^)/~』らしき言葉を言っているのが分かった。だって手を振っているから。

時計をみたら21時25分。

僕『アー、オッケー。シーユー!!サンキュー!!(^^)/~~』

ブチッ

。。。

ふう。。。
初めて味わう爽快さがあった。なんかインテリになった気分。
全くコミュニケーションとは言えないレベルまでも俺は英語で30分、外人と話したんだ。

なんかフィリピン人ていいかも!英語もきっとうまいのだろうし凄く笑顔をくれる!

おッ。メリール先生からスカイプでメッセージ。
『Practice More!!!』

どういう意味たろ。。。?すかさずググる。
『もっと練習だ!!!』

ははは、サンキュ!(チッ。うっせ。)

でもこれはいい!!その日からiPhoneのアプリとオンライン英会話を続けてみようと思った。

初めて自分のお金で何かを学んでいる現実。とにかくオンライン英会話をを毎日続けてみよう。

それからのもの、少しずつ会話になっていく様を寝る前に思い出してはニヤッとする。

そこからは足し算の繰り返し。とにかく俺は人の3倍かかる。

やるしかない。

次に続く
『太田、会社やめるってよ』フィリピン留学のススメ4編目
フィリピン留学・セブ島留学のお問合わせは下記のウェブサイトから

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事を書いた人

2329
ダメ人間を克服自分の人生をよくすべく日本から海外へ。
北海道札幌で生まれ、現在は転々と地球で生きています。ここ数年フィリピンに行ったり来たり人生をフィリピンとシェア中。セブ島留学マスター現地スタッフをしており、フィリピン留学へ来る方のために格安LTEポケットWiFiレンタル『アモアのWiFi』しています。情報が溢れた中ではありますがこのブログで僕の経験を基に次にくる日本人のために留学はもちろん、趣味の食について追いかけていきます!

 - その他, フィリピン留学・セブ島留学とは?, 失敗しない留学, 欧米留学vsフィリピン留学