セブ島留学マスター

資料請求 来社カウンセリング・無料説明会

留学の目的から選ぶ
留学のエリアから選ぶ
フィリピン・セブ島留学体験談

フィリピン・セブ島留学における親子留学

将来子どもに英語で悩ませたくない。

英語を話せるようになりたい!と思っているママにとって、自分のこと以上におもうことは子どもに英語で苦労をさせたくない、ではないでしょうか。

小学校でも外国英語が導入されつつあります。
親世代の話せない英語教育ではなく、コミュニケーションのツールとしての英語がうたわれる世代となってきました。 そんな時代だからこそ、親子でセブ島留学です!
セブ親子留学は子どもに、世界は広い、英語を自由に操れると自分の可能性がどれだけ広がるかを経験させるチャンスを持たせることに最適のプログラムなのです。
セブ島での親子留学は、日本からの移動時間が短い、費用がアメリカやオーストラリアに行くよりもずっと安い、という大きな魅力のほかに週末にはリゾートを満喫することができる
常夏の国なので持っていく服に悩まなくてよい。現地での物価も安く、食生活も同じアジアなのでそれほど大きな食文化の変化に悩まなくてよい。という普段から家計をしっかり守っているママにはうれしいコスパの高い子どもと自分への投資です。

春休みや夏休みシーズン、具体的には3月20日~4月5日あるいは7月20日~8月30日のあいだで親子留学を考えられる方は、半年から3ヵ月前を目安にご計画お申し込みいただくことをお勧めいたします。

弊社『セブ島留学マスター』は旅行会社でもありますので、ツアー形式での留学パッケージプランもございます
専門のカウンセラーにいつでもお気軽にご相談ください。

親子留学にお勧めの学校選びのポイント(全ての学校に当てはまるとは限りません)

チェック しっかりとしたサポート体制が整っている日本資本の語学学校がお勧めです。
チェック 親子留学としての実績があるか
チェック 年齢やレベルによってマンツーマン、グループクラスの調整などができるか
チェック 付き添いの親御様はお子様と一緒に学ぶのかどうか
チェック お子様にはしっかり英語をのみを学ばせたいのか、英語以外も色々と経験させたいのか

セブ島留学マスターお勧めの親子留学/ジュニアキャンプがある語学学校



BAYSIDE ENGLISH ベイサイドイングリッシュ

親子留学実績ナンバー1|ベイサイドイングリッシュ

学校名 bayside English(ベイサイドイングリッシュ)
地域 セブ島
受け入れ年齢 1才~
お勧めのポイント セブ島で親子留学といえば当校は外せません!インターナショナルスクールも併設されており、お子様同士の異文化交流も可能です。
親御様は滞在のみのプランも対応可能ですl。

セブ島親子留学の実績ナンバー1の語学学校


ベイサイドイングリッシュ校はセブ島での親子留学受け入れ実績ナンバー1の学校です。
専門のベビーシッターが在籍しているため1才のお子様から留学の受け入れを行っております。
インターナショナルスクールを併設しているため、小さいお子様に異文化交流を経験していただく貴重な機会を得ることも可能な学校です。
授業後にはプールでリフレッシュができますので、楽しみながらしっかりと英語を学ぶことができます。




CEBU BLUE OCEAN セブブルーオーシャン


学校名 CEBU BLUE OCEAN(セブブルーオーシャン)
地域 セブ島
受け入れ年齢 6才~
お勧めのポイント マンツーマン授業でしっかりと授業を受けさせたい、リゾートホテル内に学校があり徒歩圏内にはカフェ、レストラン、マッサージ店などがあります。
注意事項 親御様も必ず授業を受けて頂く必要があります。

スパルタ校として定評のある分校のため実績のあるカリキュラムが特徴


セブブルーオーシャン校はバギオにある老舗学校パインスの分校となります。
2015年開校の比較的新しい学校ではありますが、パインス校の実績のあるカリキュラムと、厳選された講師陣には定評があります。
お子様、親御様いずれもしっかりと英語を学んで頂く必要はありますが、周辺はセブ島の観光の拠点となるエリアのため、ショッピングや、レストラン、カフェ、マッサージ店などが揃っておりしっかり学んだあとは息抜きができる環境です。
マクタン島にあるため、週末のアイランドツアーなどにも参加しやすい立地です。




HOWDY ハウディ



学校名 HOWDY(ハウディ)
地域 セブ島
受け入れ年齢 3才~
お勧めのポイント 小学3年生まではあえて、”マンツーマン授業は行わず”グループでのみ授業を行う。
食事が美味しいことで有名で、食事面で余計なストレスを抱える必要がありません。
教室内、学生寮内ともにwifi完備。
注意事項 親御様も必ず授業を受けて頂く必要があります。

遊びながら楽しく英語を学ぶというモットーで授業を行う

フィリピン・セブ島留学というとどうしても”マンツーマン授業”にばかり焦点を当てられますが、英語レベルの未熟な子供たちにとってはマンツーマンは退屈で、決して効果的でないという判断からあえてマンツーマン授業を行わないことがHOWDY校の特徴です。(親御様、小学4年生以上はマンツーマンレッスンが行われます。)
グループ授業や、親御様を交えての授業を行うことにより、まず英語は楽しいものだと思ってもらうことを目的とします。楽しいことがわかれば子供たちはどんどん吸収、成長していきますので帰国後の英語学習の継続にもつながります。




first english
復習に重きを置いたカリキュラム
寮内も高速wifi完備
First English (ファーストイングリッシュ)



First Englsih校は日本人経営の語学学校の中でも最も日本人スタッフ数が多くサポート体制が整っている学校です。
日本で学習塾の運営を行っていて、小中高生の教育を熟知しており当校のカリキュラムに色濃く反映されています。
ネット環境も整っており学校内で不便なく留学生活を送ることができます。



CPILS
老舗の語学学校!
初心者の受入実績豊富で安心。
CPILS(シピルス)



セブ島の語学学校の中では学校規模・留学受入れ実績No1の語学学校です。大型のホテルを改築しており、まさに『学校』という環境の中で英語を学ぶことが可能です。 国際比率も高く、定期的に大規模なイベントや課外授業(ボランティア)を行いますので英語以外にも貴重な様々な経験を得ることができます。



fella
豪華なキャンパス!
2キャンパス運営でコース多彩!
ENGLISH FELLA(イングリッシュ フェッラ)



English Fella校は長年の運営実績により親子留学の受け入れにも定評があります。
また質の高い講師の養成に力を入れており、様々な経験とトレーニングを積んだ講師から英語を学ぶことが可能です。
キャンパスには大型のプールがあり、勉強の合間には親子でリフレッシュができる環境が整っています。



E&G
目の前が海の南国リゾート学院!
治安も良くゆったりするならココ!
E&G INTERNATIONAL LANGUAGE CENTER(イーアンドジー)



E&Gはフィリピンでも治安の良いエリアとして名高いダバオ市にあります。日本から人気の留学地であるセブ島に比べ治安が良いため、親子留学の受け入れ学校として近年人気が高まっています。 学校の目の前が海なので、週末は親子でしっかりと息抜きをすることが可能です。