セブ島留学マスター

資料請求 来社カウンセリング・無料説明会

留学の目的から選ぶ
留学のエリアから選ぶ
フィリピン・セブ島留学体験談
フィリピン・セブ島留学

新型肺炎【コロナウイルス】に関する各校の対応状況について


[記事の最新更新日]2020.1.27

現在日本国内及び世界中で感染が拡大中の新型肺炎【コロナウイルス】に関して、各語学学校の対応策についてご案内申し上げます。
尚、現在のところフィリピンでの感染者はセブ島で1名のみ(※中国武漢からの旅行者)となっており、甚大な被害などは発生しておりません。

Howdy|セブ島

【Howdyの感染防止のための対策】
当校では、生徒様、学校職員へ下記、対応を徹底していただきます。

・マスク、携帯用消毒薬を無料配布し、外出時に着用、持参を推奨 ・人混みの多い所への不要な外出はできるだけ控えることを推奨 ・体調がよくない時、発熱がある時は速やかに申し出ることを推奨 (下記は当校では従来より常に心掛けておりますが改めて周知徹底いたします)
・校内各所にアルコール消毒液の設置 ・生徒様の健康、免疫管理のためフルーツジュース、新鮮な野菜、カットフルーツの提供 現在、当校で新型肺炎の症状の生徒様及び講師、職員はおりません。

また、今後、中国から渡航されるお客様は予定されておりません。 生徒様へは不安なく滞在いただけるよう、スタッフ一同サポートさせていただきます。今後、状況に変動がありましたら随時、ご報告させていただきます。

QQ ENGLISH|セブ島

現在、多くのお客様が心配されていられると思います新型肺炎につきまして、弊社としましては、注意深くその動向を見守りつつ、対策を講じております。
在校生様、今後の入学予定の生徒様、教職員、従業員の体調を日々確認しておりますが、それに該当するような症状等および通院、入院等している方々はおりません。 しかしながら、今後も生徒様、従業員の安全を第一に考え、現地では、ITパーク校、シーフロント校、ともに以下の対策を実施していますことをここにご案内させていただきます。

1.中国から⼊国する学生入学の制限(武漢)
2.生徒/従業員に無料の使い捨てマスクをフロントデスク/クリニックに用意し配布。
3. 学校内の公共の場所にアルコール/セニタイザー(消毒剤)を用意し、予防としてお使いいただける環境をご用意しております。
4. 公共の目の付く場所に手洗い/マスクなどの予防策を呼び掛けるポスターの設置。
5. 各キャンパスに設置されている無料の診療所への入室前に、必ずマスクの着用/手洗いの義務付け。
6. QQカフェ(飲食)の全スタッフにマスクの完全着用義務付けおよび衛生管理の徹底。

SMEAG|セブ島

この度は、表題の件につきまして、新型インフルエンザ対策についてご案内差し上げたくご連絡いたしました。 SMEAG教育センターの現地状況をご報告させていただきます。
多くの方がご送客いただいている学生様がご心配になられていると思いますが今現在当校SMEAGには 誰一人 新型インフルエンザに感染しておりません。
2020.1.19を基準とし 新型インフルエンザ発祥地に該当する地域より入学されました中国学生団体25名中 3名の学生が一般的な風邪の症状で入院しました。
そしてDOH(Department of Health)により万が一のことを考慮し念のため入院した学生を病院へ入院させ隔離しましたが 新型インフルエンザに感染したという結果ではございませんのでどうぞご安心くださいませ。
SMEAG教育センター利太は 上記に関連し以下記のよう措置することをお知らせいたします。

1.中国より入国する学生入学制限する(武漢、その他の地域)
: 不明確な状況のための在学中の学生の不安を軽減させるための措置 また上記の25人の団体の学生の場合、潜在的な不安要素を取り除き者今週中に帰国される予定。

2.講師及び在学生の健康管理

学生および先生、全スタッフの体温チェックやマスク無料配布 各キャンパスの看護師とセキュリティスタッフが赤外線温度計を使用し、 学生の方々の体の状態をチェックして、38度以上の学生は継続的に監視し、適切な措置(予防)

3.セニタイザー(消毒剤)をキャンパスの主要な地域に常時配置。
キャンパスごとに7カ所以上の地域が指定配置。 4.ランチ、ディナータイムに追加洗浄および消毒作業徹底進行 Bio Air Sanitizerを利用した空気浄化や寮、クラスルーム、ノッカー清掃を追加で実施中。 5.カラマンシー ジュースの提供(ビタミン) 基本的な学生の方々の免疫強化のため、一般レモンの30倍以上のビタミンを含有する カラマンシージュースを各キャンパスの食堂で食事の時間に提供する。
以上の事項はすでに現地実施中です。

SMEAG教育センターは 新型インフルエンザについて理解し、常にいつ何時発生するかわからない潜在的な不安要素がることを正確に認識しています。 そして学生の方々の不安をなくすためにできる限りの最善な措置をとり、積極的に対応し、管理サポート致します。
今後さらに現地状況についてアップデートございましたらお知らせさせていただきます。 今後とも引き続きよろしくお願い申し上げます。

BECI|バギオ

現在米国、タイ、マレーシア、オーストラリア、フィリピンの国際空港では、コロナ·ウイルス関連の症状が疑われる旅行者を検出するため、審査を強化しています。
フィリピン保健長官のフランシスコ·ドック氏によると、乗客はみな海港や空港で検査を受けております。 またその時に熱があった場合、どんな病歴があるか、また武漢に旅行したことがあるかどうかについて、質問を受けてもらいます。
今回のウイルスに関しまして、 最初の感染者は今年1月12日武漢出身の5歳の中国人の少年であることが確認されております。 彼は武漢からセブに入国し、 現在セブ市の病院に入院しており、状態は安定しているとのことでございます。
本校が位置するバギオに関しましてはこの事例が見られませんが API_BECIでは今回の感染発生に備えて、安全対策の強化に力を入れていく所存でございます。 *本校では武漢出身の学生は在籍しておらず、 また渡航予定、登録者の中にも武漢出身の学生はいません。
本校の安全対策につきましては以下を参照してください。

1. 本校では看護士が勤務しております。
2. 新入生は全員、次のような看護婦のスクリーニング検査を受けます。
-体温チェック -インフルエンザのような症状のチェックする -学校が出すアンケートへの記入(こちらは各生徒の健康状態および旅行歴の記録として役立ちます)
3. 投稿では次のような医療品を増量いたしました。
-フェイスマスク -軽微な症状(咳、頭痛、風邪、インフルエンザ)の治療薬 -温度計
4. 当校では、次のような衛生対策を強化しています。
-消毒器や手拭き·洗浄剤を学校内の全ての公衆トイレに設置。 -食事の準備や配膳の際は、キッチンスタッフ全員がフェイスマスクを使うよう義務付け。 -学校全体の清掃と衛生化の頻度の増加。 -必要に応じて学生から寮の清掃サービスを求める。 -学生の掃除の要望に応え、スタッフを増員いたしました。
5. 当校は全生徒に定期的に体温チェックを義務付け、 全ての学生が予定された検査に参加する必要があります。
6. 当校では学生たちの万が一のため(緊急で病院に行かなければいけない事態に備え)学校は24時間365日体制でのスタッフの増員。
7. 隔離室の設置(必要に応じて使用可能)
8. 当校は、生徒たちにできる限りの安全対策を施し、定期的にこのウイルス流行について情報を送っていく予定でございます。 私たちは学校として、国籍や人種に関係なく、生徒全員の安全のために万全を期していく所存でございます。 どうぞよろしくお願いいたします。



EG ACADEMY|クラーク

コロナウイルス対策:* EG校では昨日から次の対策を実施開始済です。

①*2月1日からの中国人留学生(申込済含む)を全てキャンセル扱い*、または渡航時期の延長を 数少ない中国代理店と合意。受入れ可能時期は事態が終息次第となっており現時点では 具体的な受け入れ可能時期は設定しておりません。
②1/23午前から講義棟入口、第一寮入口、第二寮入口にアルコールを設置し手のアルコール消毒を喚起。
③1/23午前から全生徒対象にマスク無料配布。今週は一人上限2点、来週以降は一人上限2点まで 希望者に配布

NILS|セブ島

1.中国より入国する学生の入学制限をする。(武漢、その他の地域)
:現在、当校に上記地域からの入学予定者はおりません。
2.学生及び講師、全スタッフの体調チェックやマスクの無料配布
:各キャンパスのクリニック、またはアドミンルームにてマスクを設置致します。希望の方にはお渡しいたしますのでお受け取り下さいませ。
3.セニタイザー(消毒剤)をキャンパスの主要な地域に常時配置
:現在、食堂に既に設置しております消毒液について、必ずお食事を召し上がる際にご使用をお願い致します。
4.ランチ・ディナータイムに追加洗浄および消毒作業徹底進行
:食堂や教室の清掃の見直し及び、清掃回数の増加。清潔な環境を保つように致します。

以上の事項は既に現地にて実施中です。
当校では新型コロナウイルスについて理解し、常にいつ何時発生するかわからない潜在的な不安要素があることを認識しております。そして学生の方々及びご家族の方々の不安を少しでもなくすためにできる限りの最善な措置をとり、積極的に対応し、管理サポート致します。