フィリピンで変圧器は必要?コンセントの形状は?

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より観光ビザの発給が再開を機に一部の学校が再開を決定しています。

LINEで再開通知を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信させて頂きます。
チャットでご相談は可能ですが過度な勧誘は一切致しません。)

よくある質問

フィリピン留学の渡航直前でとてもよく頂く質問ですね!

結論から言いますと、

変圧器は不要で、ほとんどの電化製品が問題なくお使い頂けます。
※またコンセントの形状は日本と同じです。

留学時に使うものでフィリピンの電圧220Vに対応していない可能性があるのはヘアードライヤーぐらいです。

因みにセブ島にあるEVアカデミーCIAには各部屋にドライヤーが備わっています。

フィリピンでも問題なく使える電化製品

・スマホ
・ノートパソコン
・デジカメ
・USB充電アダプター

フィリピンでは製品によっては使えない電化製品

・ヘアードライヤー(ヘアーアイロン)

海外に持ち込む可能性がある電化製品で利用できない可能性があるのはヘアードライヤーぐらいです。
こちらに関しても海外対応のものを持って入れば変圧器などは必要ありません。

利用ができる電化製品、できない電化製品の違い

利用ができる電化製品、利用ができない電化製品の違いは対応している電圧が関係しています。

日本の電圧:100V
フィリピンの電圧:220V

上記の通りフィリピンの電圧は日本より高くなっていますので、220Vまでの電圧に対応をしていない電化製品を利用すると故障の原因となります。

しかし海外でも利用する可能性のある電化製品はほとんどが240Vまでの電圧に対応しています。

お使いの電化製品の電圧がフィリピンの220Vに対応しているかどうかの確認は、充電器のACアダプターに記載がありますのでそちらからご確認頂けます。(※とても小さい文字なので注意ください)

まとめ

とてもよくご質問を頂きますが、上記の通り現在では海外で利用する可能性があるほとんどの電化製品がフィリピンの電圧220Vに対応しているため、変圧器などを別途ご購入頂く必要はございません。

ヘアドライヤーは学校によってはお部屋に備わっている学校もありますので必要に応じて事前にご確認・ご相談下さいませ。

The following two tabs change content below.
宮川 稔基
宮川 稔基
(セブ島留学マスター代表)
1979年生まれ。愛媛県松山市出身。

旅行業勤務を経て2008年に独立、エスアールディ株式会社設立。
長年フィリピンに携わっている強みを生かし、セブ留学のリアルタイムな情報をお届けしたいと思います。

釣り、アウトドア、フットサルにも情熱を注いでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました