フィリピン留学前にマスターしておきたい事前学習はこれ!

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より観光ビザの発給が再開を機に一部の学校が再開を決定しています。

LINEで再開通知を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信させて頂きます。
チャットでご相談は可能ですが過度な勧誘は一切致しません。)

失敗しない留学

フィリピンへの留学が決まったら事前学習を始めましょう!

  • 現地に行ったら何とかなるでしょ
  • 英語を学びに行くのだから事前学習は不要じゃない?

などと思っていませんか?

もちろん、英語力が無いまま留学をしても現地では何とかなります。

ただ、英語力ゼロで行く留学ほどもったいない留学はありません。

必ずと言っていいほど、後悔します。

この記事ではその理由と、事前学習で行うべき学習、抑えておくべきポイントをご紹介。

これからフィリピン留学を予定している方は事前に確認して、事前学習を始めましょう。

 

フィリピン留学で事前学習が必要な理由

まずはなぜフィリピン留学で事前学習が必要なのか。

その理由は、

フィリピン留学は英語のアウトプットを行う時間」だからです。

 

というのも、アウトプットの学習はインプットで知識や情報を頭に入れた上で行う学習です。

インプット(知識)なしにアウトプット(実践)をすることはできません。

 

事前学習をせずに留学すると、日本でもできる英文法の理解や語彙力をつけるなどのインプットもフィリピン留学中に行うことになります。

そのため、留学でのスピーキングや発音矯正などのアウトプットに取れる時間が少なくなってしまいます。

 

日本でできる学習(インプット)をわざわざ留学中に行うのは効率が悪く、フィリピン留学でしかできないアウトプットの学習を無駄にしてしまうことに。

同時に英語力の向上スピードも、事前学習をしているかしてないかで大きな差が出てくるのは確かです。

 

日本でもできる学習は、可能な限り渡航前に終わらせておくようにしましょう!

最低でも中学レベルの英語力があると、現地での学習に困ることは少なくなりますよ。

 

事前学習で行うべき学習とは

では実際に事前学習ではどんな学習を行うと良いのか、詳しく見ていきます。

  1. 英文法
  2. 単語
  3. オンライン英会話もおすすめ

特にこれらの学習を事前に行っておくと、現地での英語力向上スピードは高くなります。

 

事前学習で行うべき学習①:英文法

インプットの学習で一番重要なのはこの英文法の理解です。

英語を話すには文法を理解していないと、コミュニケーションを取るのが難しいです。

もちろん、単語だけでも伝わる場面はありますが、ちゃんと会話をしたいと考えているなら、最低でも中学レベルの英文法を理解しておきましょう。

 

引用:学研出版サイト

中学英語を学び直すには「中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく」がおすすめです。

  • 長く英語から離れていた方
  • 学生時代に英語が苦手だった方

などの英語を学び直したい、記憶を取り戻したい方におすすめの教材。

 

引用:Amazon

また、理解できない英文法を分かりやすく教えてくれるのが、この「一億人の英文法」です。

この教材は英語学習者であれば持っておきたい1冊で、留学中にも役に立つので、持っていて損はしません。

分からない英文法があれば、留学前、留学中、そして帰国後もこの教材で調べることができます。

 

事前学習で行うべき学習②:単語

単語も英語を話す上で、とても重要。

知っている単語が多ければ多いだけ、会話の幅は広がります。

渡航までに、少なくとも100~2,000語ほどは身に付けておくのがベターです。

 

引用:Amazon

おすすめの教材は、この「キクタン」です。

このキクタンはシリーズ化されていて、英語レベルや学びたい分野(日常会話・TOEIC・ビジネスなど)ごとに分かれています。

キクタンは単語の記載だけではなく、使いやすい例文で書かれているので、実践練習がしやすいのが特徴です。

例文ごと覚えれば、適切な場面で使えるようになるので、効率よく学習できると評判です。

 

学習時のポイント
  • あなたにあったレベルのシリーズを選ぶ
  • 音読しながら、記憶する

 

事前学習で行うべき学習③:オンライン英会話もおすすめ

オンライン英会話を渡航前に行っておくことで、耳を英語に慣らしておくことができます。

リスニング・スピーキングにおいて、まったく対策せずに留学をすると、現地で耳を慣らすのに最低でも1週間はかかるでしょう。

その1週間を無駄にしないように、渡航前にオンライン英会話を受講して、英語への免疫をつけておくのがベターです。

などは無料体験も実施しているので、渡航前の2週間ほどはオンライン英会話の無料体験を利用して英語に慣れておくのもおすすめ。

 

事前学習を行う時のポイント

留学前は仕事や学校などで忙しい方も多いと思いますが、可能な限り事前学習の時間も確保しましょう。

 

  1. スキマ時間を上手に利用
  2. 同じ教材を繰り返す

効率良く事前学習を行うには、この2つがポイントです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

事前学習時のポイント①:スキマ時間を上手に利用

学校の授業やアルバイトなどで忙しい大学生や、1日中仕事で疲れて帰ってくる社会人の方は、まとまった時間を確保するのは難しいですよね。

  • 休憩時間
  • 通勤・通学時間
  • 入浴中
  • 就寝前

などちょっとしたスキマ時間は学習に最適です。

人間の集中力は最大90分で、集中力の波は15分周期とも言われています。

まとまった時間を取っても、丸々90分間集中し続けられるわけではなく、15分周期で大きな波があるのです。

そのため、長時間いっきに学習するよりも、スキマ時間を利用して学習した方が、集中力も高まるため、効率良く学習することができます。

 

また、学習がはかどる時間帯は学習内容によって異なるとも言われています。

頭を使う学習(英文法の理解やオンライン英会話など)
暗記系の学習(ボキャブラリーなど)

 

朝は6時頃から頭が働き始めるので、通勤・通学中に英文法の理解などの学習が最適。

アルバイトや仕事から帰宅後や就寝前の夜にかけて(22時~午前2時)は、英単語の暗記などがおすすめです。

 

事前学習時のポイント②:同じ教材を繰り返す

事前学習で利用する教材は少なくしましょう。

1つの教材を終わらせて、すぐ次の新しい教材に行ってしまっては、知識を身に付けることは難しいです。

1度読んだり解いたりしただけで、すべてを理解して使えるようになるなら、そもそも留学する必要はないでしょう。

1つの教材を何度も繰り返し行うことで、やっと使い方を覚えたり、身に付けることができます。

答えをすべて覚えるまで繰り返し解くことを目標にしましょう。

時間があまり取れない方は、最低でも3回は繰り返し1つの教材を解くことを心がけてくださいね。

 

まとめ:最低でも中学レベルの英語は理解しておこう

フィリピン留学前の事前学習は、最低でも中学レベルの英文法まで理解しておくようにしましょう。

この事前学習をするかしないかでは、英語力の向上にも大きく差が出てきます

事前学習をしておくべきだった」と後悔して留学から帰ってくる方も多く見てきました。

 

あなたも同じように後悔しないように、可能な限り事前学習を進めてきましょう。

 

フィリピン留学を終えて、留学前にやっておくべきだったと後悔した内容をまとめた記事もあるので、ぜひ留学前にチェックしてみてください。

 

セブ島に留学したいと検討している方は、いつでもセブ留学マスターへお問い合わせくださいね。

セブ島留学マスターのサービス内容
  • 留学手配代金0円、現地サポート費用0円
  • 留学費用は安心の最低価格保証制度あり
  • 独自のお得な特別価格でお申込み可能
  • クレジットカードで支払い可能
  • 航空券手配も無料サポート
  • 70校以上の契約校からあなたにピッタリの学校をご提案

LINEでお気軽にご相談下さい♪
友だち追加

友だち追加

 

 

The following two tabs change content below.
もりなつ
2カ国のワーキングホリデー、フィリピン留学・現地就職を経験後に留学ライターとして活動。 自身の経験をもとに、これから留学やワーホリに行かれる方の役に立つ情報を発信しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました