セブ島留学マスター

資料請求 来社カウンセリング・無料説明会

留学の目的から選ぶ
留学のエリアから選ぶ
フィリピン・セブ島留学体験談
Q.日本資本と韓国資本どちらの学校がよいでしょうか?

A.こちらは中々難しい質問です…、留学の目的や期間好みライフスタイルなどにより分かれます…。

日本資本と韓国資本ですが、どちらが良いかと言われればなかなか難しいものがあります…。
それぞれの良いところ、悪いところについてご説明を致しますので、ご自身の目標やプランなどと照らし合わせてみてください!

日本資本の学校メリット
・やはり何よりも安心できることが挙げられると思います。日本資本の学校の場合は、日本側にオフィスがある学校がほとんどですので緊急時でも安心してご家族の方が連絡ができます。留学中のサポートも韓国資本に比べると手厚いサポートをしている学校が多いです。
・基本的に日本食が食べれます。これは結構重要だと思います。韓国資本だとほぼ3食キムチがオカズというのも当たり前です。(こちらについては学校よってかなり違いがでますが…)長期滞在の場合は特に食事が合わないことはかなりストレスになりますのでご注意頂く必要があるとお思います。
・各学校とも日本人にあったカリキュラムや学習法を推進しており効率のよいレベルアップが見込めます。
・日本資本だけに留学生は日本人ばかりとなります。様々な職種や経験を持った人(学生や社会人、シニアの方など)が集まっていますので、語学留学という目的以外でも多くの社会経験や人生経験人脈構築を築く良い機会となります。
・平日でも外出が可能な学校が多いです。これはデメリットとも言えるかも知れません…。

日本資本の学校のデメリット
・相部屋(2人/3人/4人部屋)での会話は必然的に日本人で日本語となり、ついつい母国語を使ってしまい授業外での英語を学習する機会を失ってしまいます。



韓国資本の学校のメリット
・スパルタ方式の学校が多く、日本人がほとんどいない環境のため集中して英語を学ぶことが可能です。平日の外出禁止などは当たり前で、まさに英語漬けの日々となります。
・せっかく海外留学しているわけですから、異文化の交流がしたいという方は当然韓国資本がお勧めです。
・寮生活や授業外でも徹底して英語を学びたいという方は、相部屋が韓国人となりますので韓国資本がお勧めです。(但し、3人部屋以上の場合は英語ではなく韓国語が飛び交います…。)

韓国資本の学校のデメリット
基本毎日3食キムチが出ます…。現在では日本人学生が急増していることもあり、味付けを日本風にしたり、日本料理を取り入れたりしている学校もありますが。。。それなりに覚悟は必要だと思います。

う~ん…、そうは言ってもなかなか選べない(笑)という方はお気軽に弊社カウンセラーまでお気軽にお問い合わせくださいませ。



[ >>戻る ]