JICのIELTSが選ばれる5つ理由と他校との違いについて

公開日:2022-5-14 更新日: 2022-05-14

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の12月時点では主要な学校のほとんどが再開を決定しています。再開している学校はこちら

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応、割引情報について配信。チャットでご相談やカウンセリング予約がワンクリックで行えます。)

目次[開く]

講師は全員IELTS7.5以上を取得

講師は全員IELTS7.5以上を取得

JICの講師がIELTSを教えるには公式テストかJICの模擬テストで7.5以上のスコアを取ることが条件になっています。

つまり、JICでIELTSを教えている教師は全員が7.5保持者になります。そしてIELTSを教えられる講師は今全体の8割に達します。JICのIELTS点数保証が7.0まで対応できるのはそのためです。

コロナ禍の間もオンラインプログラムを行い一定数の講師を保持トレーニングを怠らず地道に講師の質の底上げを行ってきました。

また3ヶ月に一度講師に模擬テストを受講してもらい定期的に査定も行っております。

今後もこの指標がJICの講師の採用や育成のスタンダードになっていくので新加入する講師の質も自動的に底上げされます。

トレーナーはイギリス出身の8.5ポイント保持者

トレーナーはイギリス出身の8.5ポイント保持者

IELTSのトレーナーであり教科書やプログラムの監修を務めるブライアン講師はイギリスの出身で自身もIELTS8.5を保持するIELTSの猛者です。IELTS教育経験も10年以上あります。

教材やレッスンプランは全てオリジナル

教材やレッスンプランは全てオリジナル

上記で紹介したIELTS教育歴10年以上8.5保持者のブライアン講師が教科書とプログラムの監修をしています。

教材やレッスンプランは、JIC以外では受講できない完全なオリジナルです

12週間で平均2.0ポイント伸ばしてきた実績

12週間で平均2.0ポイント伸ばしてきた実績

JICは今まで7,500人を超えるIELTSの卒業生を送り出してきました。

その実績のデータを分析し12週間で平均2.0ポイント受講者の成績を伸ばしてきたという結果が出ました。

特に2:2:1:1システムという、アジア人が苦手なスピーキングとライティング強化に重点を置いた戦略とマンツーマンに重点を置いた教育法を開発してからはスコアアップの確率が飛躍的に高まり安定しました。

IELTSの公式団体からも公認を受けた学校

IELTSの公式団体からも公認を受けた学校

上記のような功績もありJICはIELTSの公式団体であるブリティッシュカウンシルやiDPからも公認された学校です。

iDPにおいては、公式テストを学校で開催する権限を与えられております。

JICのIELTSが他校と比べて優位な点は5つのまとめ

  • 講師は全員IELTS7.5以上を取得
  • トレーナーはイギリス出身の8.5ポイント保持者
  • 教材やレッスンプランは全てオリジナル
  • 12週間で平均2.0ポイント伸ばしてきた実績
  • IELTSの公式団体からも公認を受けた学校

上記の5つのポイントに加えて、施設も住みやすく校内にスーパーマーケットやカフェなどもある快適な生活環境が整っています。なので中長期の留学にも最適です。

加えて、IELTSの学費もセブの学校と比べると4週当たりの学費が3~5万円ほど安くお手頃になっています。(2022年5月時点)

つまり、中長期留学でもコストが抑えられます。

IELTSの点数アップにはある程度の期間が必要ですからこれらのポイントはIELTSを本格的に学びたい人達にとって多くのメリットが得られると思います。

この記事を書いた人

宮川稔基

セブ島留学マスター代表

2008年に28才で会社設立。フィリピン留学専門エージェント「セブ島留学マスター」の運営を中心に、旅行会社や国内留学事業、Web制作事業、通販サイトなども運営。

長年フィリピンに精通していますので留学相談に限らず何でも相談してください。

フットサルとキャンプ釣りなどアウトドア全般が好きです。

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /