バギオ(フィリピン)にある語学学校

本当に英語を話せるようになりたい人が集結

スパルタ校が多数

ほとんどの学校で母国語禁止(日本語を使ってはいけない)となっており英語漬けの生活を送ることができる

誘惑が少ない

セブ島のようなリゾート地ではないため英語学習飲みにしっかり集中できる環境が整っている

涼しく過ごしやすい

常夏のフィリピンで唯一エアコンが必要ないエリア(※雨期の6月~11月は雨が多く湿度が高い)

更新日: 2022-06-17

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より一部の学校が再開を決定しています。再開している学校はこちら

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信。 チャットでご相談やカウンセリング予約がワンクリックで行えます。)

バギオにある語学学校の特徴

バギオにある語学学校の特徴としてはほとんどの学校がスパルタ式となっており、 日本人が少なく平均で20%ほどしかいません。(※一部の学校を除きます。)

更にその20%ほどの少数の日本人学生は真剣に英語を学びたいという思いでバギオを選んだ非常に 意識の高い学生がほとんどですので同じ価値観を持ち競い合って英語を学ぶことができます。

更にバギオの語学学校では母国語の使用を禁止(English Only Policy)するルールも導入している学校が多く(※セブにもありますが ほとんど守られていません。)本当に英語を学ぶことだけにしっかりと集中できるエリアです。

また常夏のイメージがあるフィリピンの中で気候が涼しいことも特徴で、フィリピンで唯一エアコンが不要なエリアです。 別名『サマーキャピタル』と呼ばれ、乾季である3月~5月には大統領府などの政府機関がバギオに移転します。 暑さが苦手な方エアコンが苦手な方にも留学をおすすめできるエリアとなります。

但し、雨期である6月~11月はかなり雨が降り、湿度も高くなります。日本の梅雨のような蒸し暑い感じではありませんが、 留学の時期には注意をしてください。バギオの詳しい天候についてはこちら

真剣に英語を学び話せるようになりたいと思う方に評判がよく人気が高いバギオでの留学を是非お勧め致します。

バギオにある学校一覧

バギオにある語学学校を表示していますが更に希望の条件で絞込検索をすることができます。

エリア

勉強スタイル

専門コース

  • IELTSの点数保証コースがある学校
  • TOEICの点数保証コースがある学校
  • TOEFLの点数保証コースがある学校

学校設備

  • 通常のwifiでなく光回線

こだわり条件

  • 年間を通し日本人の割合30%以下

フィリピン都市別の語学学校

school list