【たった1分】フィリピンのATMで現金を引き出す方法

クレジットカードのキャッシング機能で現金を引き出す方法とメリット、デメリットについて解説

公開日:2023-7-09 更新日: 2023-07-10

最大12万円割引 | セブ島留学マスター

ATMでの操作時間が長すぎるとカードが飲み込まれることも

スムーズにいけば1分ほどで現金の引き出しができますが、処理に時間をかけすぎると犯罪防止のためATM内にカードが飲み込まれてしまう事もあり、後日銀行に問い合わせるなどの手続きが必要です。

特に暗証番号の間違いや残高不足などがないかは事前に確認をしておきましょう。

フィリピンのATMでキャッシング

クレジットカードを使ってのキャッシングは、セブ留学中や旅行でフィリピンに訪れた際に手持ちの現金が不足した際にATMから簡単に現金を入手することができるため手軽で非常に重宝します。

こちらの記事ではフィリピンでキャッシング機能を使い、現金を引き出す方法や、メリットやデメリットについて開設をします。

フィリピンのATMで現金を引き出す方法を動画で見る

目次[開く]

フィリピンでキャッシングを利用するメリット

  • 大金を持ち歩く必要がない
  • さまざまな場所で利用できる
  • 場合によっては両替よりお得な場合も
  • 24時間利用できる

大金を持ち歩く必要がない

フィリピンでキャッシングを使ってATMから現金を引き出す方法①

キャッシングを使う、最大のメリットはこちらの”大金を持ち歩く必要がない”という点に尽きるでしょう。

セブ島へ留学予定の方なら半年でビザ代や生活費などで少なくとも30-40万ほどは必要になります。

最も汎用性が高いのは勿論現金ですが、盗難などのリスクが常にあり得ます。

その点、クレジットカードのキャッシング機能であれば上限設定にもよりますが、手元に現金を所持するリスクなく現金を引き出すことができます。

例えば楽天のVISAデビットであれば、日本からクレジットカードに入金することにより実質無限に現金を引き出すことができます。

さまざまな場所で利用できる

フィリピンではATMが至る所にあります。モールや銀行には勿論ですし、小規模な商業施設、コンビニなどにも設置されているため気軽に利用することができます。

しかも操作も非常に簡単でスムーズにいけば約1分で現金を引き出すことができます。

場合によっては両替よりお得な場合も

キャッシングはレートの良い両替所にはやや劣るものの、アヤラモールなど観光客が多いエリアでのレートの悪い両替所よりはよいレートになっています。

ただ、VISA/マスター、アメックス、JCB各社によって換算レートが異なる点は注意です。(かなり昔に各社の換算レートを調べたことがありますが、VISA/マスターが最もよいレートでした)

<2023年7月3日に実際にキャッシングを行った際の比較>

この日の実レートは10000円両替した場合、3,824ペソでした。(※以下の表も同様に10,000円をペソに両替した場合の比較表です)

キャッシング3,695ペソ*注1
アヤラの両替所3,260ペソ
マボロのPure Gold3,766ペソ

注1.キャッシングはこれに引き出し手数料、デビットの場合は250ペソ、クレジットカードの場合は110~220円(利用金額によって異なる)が別途かかります。

24時間利用できる

設置されている場所などにもよりますが24時間利用できるのもキャッシングの魅力です。

早朝や深夜に現金が不足してしまった場合にも簡単に現金を引き出すことが可能です。

フィリピンでキャッシングを利用するデメリット(注意点)

  • 引き出すことができる金額に上限がある
  • 手数料を取られる
  • 場合によっては両替よりお得な場合も
  • 何らかの理由で利用ができない

引き出すことができる金額に上限がある

フィリピンでキャッシングを使ってATMから現金を引き出す方法②

色々とATMを回ってみましたが、一度に引き出しができる上限は10,000ペソまでのようです。日本円で約(26960円)

手数料を取られる

一度引き出すごとにデビットカードの場合は250ペソ、日本円で約(540円)、クレジットカードの場合は利用金額によって異なりますが1万円までの場合は110円、1万円を超える場合は220円発生します。

場合によっては両替よりお得な場合も

VISAカードの場合、レートの良い両替所よりは少しレートは劣りますが、セブ島のアヤラモールなどに入っている観光客目当てのレートの悪い両替所よりはレートはよいようです。

但し、前述の通り引き出しのたびに手数料が掛かる事を考えると現金の両替には勝てません。

何らかの理由で利用ができない

全てキャッシングに頼るのは少々危険です。

クレジットカードは非常に便利ですが、海外で高額商品などを購入した場合、一時的に制限がかかるクレジットカードがあります。

その場合はメールや電話等で利用の確認連絡がきて、確認ができれば再度利用が可能ですが、海外でsimを変えてしまっている場合で電話確認が必要なクレジットカードの場合は、以後利用ができなくなります。

またキャッシング枠の上限を超えてしまうなどで利用できなくなる可能性もあります。

その他にはATMが故障していたり、機械に残高がない、などの理由で利用ができない事もあります。

フィリピンでキャッシングを利用しATMで現金を引き出す方法まとめ

フィリピンでキャッシングを使ってATMから現金を引き出す方法②

いかがでしたでしょうか?

一度に引き出しができる金額に上限があり、手数料を考えると現金よりレートは若干悪くはなりますが、利便性や多額の現金を持ち歩くリスクがないため海外キャッシング対応のクレジットカードを数枚持っておくのがよいでしょう。

キャッシングだけでなく飲食店などもカードを利用できるお店が年々増えてきていますので、そういった点でもクレジットカードを持っておくのがよいでしょう。

この記事を書いた人

宮川稔基

セブ島留学マスター代表

2008年に28才で会社設立。フィリピン留学専門エージェント「セブ島留学マスター」の運営を中心に、旅行会社や国内留学事業、Web制作事業、通販サイトなども運営。

長年フィリピンに精通していますので留学相談に限らず何でも相談してください。フットサルとキャンプ釣りなどアウトドア全般が好きです。

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /