フィリピン(セブ島)にある留学再開を決定した学校

アフターコロナの留学注意点

キャンセル規定、航空券手配、海外保険の加入など

キャンセル規定

通常のキャンセル規定に加え、コロナ特別規定の有無

航空券手配

フィリピン以外の国を経由しての入国はハイリスク、航空会社の補償規定も

海外保険の加入

入国の条件に海外保険の加入が義務付けられている

更新日: 2022-03-11

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より観光ビザの発給が再開を機に一部の学校が再開を決定しています。

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信させて頂きます。 チャットでご相談は可能ですが過度な勧誘は一切致しません。)

留学の受け入れを再開している語学学校

2022年2月10日よりフィリピン入国時に必要な観光ビザの発給が再開。一部の語学学校では既にTESDA(フィリピンの教育庁)より 学校運営の許可が下りています。

留学受け入れ再開の最新情報

セブ留学でフィリピンへ入国する際には以下の点に注意をしましょう。

コロナに起因するキャンセル規定

新型コロナ発生時にはすぐに返金をした学校と返金をしなかった学校があります。

今後も不測の事態で留学を断念せざるを得ない状況は十分に考えられます。お申込みの前にキャンセル規定に 必ず目を通し納得のいく内容であるかの確認をしましょう。

航空券手配

語学学校と同様に航空会社も返金をした航空会社と返金をしない(次回使えるバウチャー)等に分かれました。

基本的にLCC(格安航空会社)の場合は返金がありませんので料金だけで判断するのはあまり賢明ではありません。

またフィリピン以外の国を経由して入国することも他国の入国規制によってはフィリピンへ乗り継ぎができない、 もしくは帰国時に日本へ乗り継ぎができない等の問題が発生する可能性があります。

できる限りフィリピンへの直行便もしくはフィリピン国内での乗継便での手配をするようにしましょう。

海外保険の加入

現在、フィリピンでは入国時に35,000米ドルの補償がある海外保険の加入を義務付けています。

また万一、フィリピンでコロナウイルスを発症してしまい入院する必要性がある場合は、高額な治療費を請求 される可能性がありますのでご自身が加入するプランに新型コロナ特約の有無などについてしっかりと 確認をしましょう。

セブ島にある人気の語学学校一覧

正式に受け入れ再開を発表した語学学校の一覧を表示していますが更に希望の条件で絞込検索をすることができます。

エリア

勉強スタイル

専門コース

  • IELTSの点数保証コースがある学校
  • TOEICの点数保証コースがある学校
  • TOEFLの点数保証コースがある学校

学校設備

  • 通常のwifiでなく光回線

こだわり条件

  • 年間を通し日本人の割合30%以下