ウィズコロナのセブ留学に必要な準備

いよいよセブ留学再開となりましたが出入国の条件など留学前にしっかりと確認と準備が必要です。

公開日:2022-2-20 更新日: 2022-05-09

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より観光ビザの発給が再開を機に一部の学校が再開を決定しています。

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信させて頂きます。 チャットでご相談は可能ですが過度な勧誘は一切致しません。)

2022年2月10日より観光ビザの発給が再開されおよそ2年ぶりにセブ留学が再開となりました。(受け入れを再開している学校一覧はこちら)

しかしながら新型コロナウイルス流行前のように気軽に海外留学ができる状況にはなく事前の確認と準備をしっかり行う必要があります。

今回の記事ではこれからセブ留学を検討している方が必要な手続きと準備について解説をしていきますので是非参考にしてみて下さい。

尚、前提として隔離なしでのフィリピン入国には新型コロナのワクチン完全接種者(2回接種)となっておりますのでワクチン接種がお済でない方は現時点ではフィリピンへ入国することができません。

目次[開く]

事前に確認が必要な条件・準備

ビザの取得について
1

入国・ビザの取得について

2022年2月10日より観光ビザの発給が再開されるため事前にビザを取得する必要はありません。

4週間以上(30日間以上)留学予定の方は、フィリピン到着後に語学学校がビザの延長の手続きを代行しますので日本での手続きは不要です。

またパスポートの残存日数が、フィリピン出国(帰国)予定から半年以上あることが条件となります。

ワクチンパスポートの取得
2

ワクチンパスポートの取得

現在、日本人が隔離なしにフィリピンに入国をするためにはワクチン2回以上接種のワクチンパスポート(デジタルパスポート)が必要です。

デジタルパスポートはスマホから新型コロナワクチン接種証明書アプリをダウンロードし、マイナンバーカードを読み込み簡単に入手することができます。

航空券の手配
3

30日以内に帰国する航空券の手配

入国時の条件として入国から30日以内にフィリピンから帰国もしくは第3国へ渡航するための航空券の所持が必要です。

そのため帰国予定日入国日(出発日)から30日以内とする必要があります。

4週間以上留学する方は復路変更が可能な航空券もしくはフィリピン以外の国への航空券(※権利放棄も可)を取得する必要があります。

当社セブ留学マスターは旅行業の認可を受けており航空券手配も行っておりますのでお気軽にご相談ください。

海外保険の加入
4

海外保険の加入

現在フィリピン入国の条件として35,000ドル以上の治療救援補償がある海外保険の加入が必須となります。

万一、フィリピンで新型コロナに感染し入院が必要となった場合は60万~最大で2000万円以上(重症化した場合)の治療費が発生する恐れがあります。

また語学学校の受け入れ条件として海外保険の加入が義務付けられているため忘れずに加入をしておきましょう。

上記の条件をカバーした海外保険をセブ島留学マスターではご用意しておりますのでお気軽にカウンセラーにご相談ください。

留学保険についての詳細はこちら

PCR検査
5

PCR検査もしくは抗原検査の証明書

現在、フィリピンへ入国するためには出発の48時間以内のRT方式のPCR検査の陰性証明書、もしくは出発の24時間以内陰性の抗原検査の提示が必要です。(※抗原検査については2022年3月10日より適用)

RT方式PCR検査の相場はおよそ3万円前後、抗原検査は1万円前後となっております。

こちらに関しては経済産業省が運営するTecotにて医療機関の確認と予約が可能です。

当社セブ島留学マスターはTecotに正式に登録された旅行会社ですので留学お申し込みをして頂いている場合は無料で手配をさせて頂きます。

PCR検査・抗原検査について詳細はこちら

One Health Passの登録
6

One Health Passの登録

フィリピン入国時にはワクチン接種に関する情報や健康状態を申告するためOne Health Passへの登録が必要となります。

こちらは渡航の72時間前から登録が可能ですが、渡航の48時間以内に検査したリアルタイム方式のPCR陰性証明書とワクチン接種証明書の2点が必要です。(※実質渡航の48時間前より登録を行う必要があります。)

One Health Passの詳しい登録方法はこちら

こちらに関しまして記入方法が分からないといった方は当社カウンセラーとZoomにて登録方法を一緒に確認して登録することが可能です。

接触追跡アプリの登録
7

接触追跡アプリ(Traze)の登録(※2022年5月より登録不要)

フィリピン国内の空港利用者は接触追跡アプリ(Traze)の登録が必要なためこちらもフィリピン入国の前に事前にアプリのダウンロードと登録が必要です。

こちらは特に必要な書類等もなく5分ほどで登録ができますので時間があるときに登録を済ませておきましょう。

接触追跡アプリTraze登録方法はこちら

事前に確認が必要な条件のまとめ

新型コロナウイルスの流行前と現在を比較すると手軽に海外留学ができる事が特徴であったフィリピン・セブ留学も予め事前に必要な条件や準備が必須となります。

今回の記事では詳しく解説をしていませんが、その他にも語学学校の返金規定や航空会社の変更時の規定、キャンセル時の規定についてもしっかりと目を通す必要があります。

上記の条件は徐々に緩和されることが予想されますので最新情報が入り次第、こちらの記事についてもアップデートをさせて頂きます。

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /
関連記事