【フィリピン入国】ワクチン接種回数による入国条件について年齢別に詳しく解説

公開日:2022-7-28 更新日: 2022-07-29

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より一部の学校が再開を決定しています。再開している学校はこちら

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信。 チャットでご相談やカウンセリング予約がワンクリックで行えます。)

目次[開く]

ワクチン接種回数による入国条件について

現在のところ(2022年7月28日時点)は新型コロナワクチン未接種もしくは1回のみ接種の日本国籍の方は留学目的、観光目的のいずれもフィリピンへの入国ができません。

出国の48時間前のPCR検査もしくは24時間前の抗原検査の陰性証明書が免除となる条件は18歳以上の場合は3回接種12歳から17歳は2回接種が必要となります。

※12歳未満の場合は保護者のワクチン接種回数と同じ扱いになります。

例1.)同伴する保護者が3回接種済の場合、12歳未満の子供はワクチンの接種回数問わず陰性証明書は不要です。
例2.)同伴する保護者が2回接種済の場合、12歳未満の子供はワクチンの接種回数問わず陰性証明書は必要です。

現在、日本での感染者数が急増しており無症状やコロナ陽性から回復していてもPCR検査での陽性判定が出るケースが増えております。

フィリピンへの留学や観光での入国を検討している方はできるだけ3回接種以上をして頂くことをお勧め致します。

こちらの表に記載のある未成年(17歳以下)については保護者同伴の場合となります。

年齢 ワクチン接種回数 陰性証明書 入国 到着時の隔離
18歳以上 3回 不要 なし
2回 あり なし
なし あり
未接種/1回 - -
12-17歳 3回 不要 なし
2回 不要 なし
未接種/1回 - -
12歳未満 ※同行する保護者のワクチン接種条件と同等の扱い

単独渡航の未成年者の場合

こちらは未成年者(17歳未満)が単独(保護者の付き添いなし)で渡航する場合の入国条件となります。

保護者同伴の場合はワクチン2回接種で陰性証明書は免除となりますが、単独渡航の場合は必要となる点にご注意ください。

年齢 ワクチン接種回数 陰性証明書 入国 外国公館と事前面接(注1) 同意書(注2) 到着時の隔離
15-17歳 3回 不要 - 必要 なし
2回 必要 - 必要 なし
未接種/1回 - - - -
5-14歳 3回 不要 - 必要 なし
2回 あり あり 必要 なし
なし なし 必要 必要
未接種/1回 - - - -

※(注1)外国公館との事前調整については、在フィリピン日本国大使館(※日本国籍の場合)に連絡をしてください。
※(注2)同意書については受け入れ先の学校から発行されるますのでそちらの指示に従い記入し持参が必要です。

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /
関連記事