フィリピン入国時に必要な抗原検査について

2022年3月10日よりフィリピン入国時の条件としてリアルタイム方式PCR検査に加え出発の24時間以内の陰性の抗原検査を提出することにより入国が可能となります。

公開日:2022-3-16 更新日: 2022-03-17

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より一部の学校が再開を決定しています。再開している学校はこちら

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信。 チャットでご相談やカウンセリング予約がワンクリックで行えます。)

フィリピン入国時に必要な抗原検査について

フィリピン政府は2022年3月10日よりフィリピン入国の条件として出国の48時間以内のリアルタイム方式(RT-PCR)のPCR陰性証明書に加え、24時間以内陰性の抗原検査を提示することにより入国が認められることを発表しました。

海外渡航向けのリアルタイム方式のPCR検査は25,000円~30,000円前後と割高であることに対し、抗原検査の場合は10,000円前後とPCR検査に比べると費用が安くなります。(※市販の抗原検査キット等は認められず指定の医療機関での英文の証明書が必要となりますのでその点はご注意くださいませ。)

フィリピン入国時に必要なPCR検査と抗原検査と、医療機関の紹介はこちら

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /
関連記事