2022年3月1日より指定ホテルでの隔離措置が不要へ

公開日:2022-2-25 更新日: 2022-03-08

新型コロナウイルス感染症拡大のため約2年間フィリピンの語学学校は受け入れを中止していましたが、2022年の3月10日より観光ビザの発給が再開を機に一部の学校が再開を決定しています。

LINEで最新情報を受け取る

(※こちらのLINEはセブ留学再開に関する最新の情報や各語学学校のコロナ対応などについての情報を配信させて頂きます。 チャットでご相談は可能ですが過度な勧誘は一切致しません。)

フィリピンから帰国時の隔離措置が不要になります

厚生労働省の2月24日付の発表によると2022年3月1日より水際強化措置に係る指定国の解除予定となっているフィリピンからの日本への帰国時には全ての日本人が指定ホテルでの隔離措置が不要となります。

但し、新型コロナワクチン接種が2回未満、または未接種の方は原則として7日間の自宅待機が必要ですが、3日目以降に自主検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機の継続は求めないこととしています。

こちらの発表により新型コロナワクチンを3回接種している方はフィリピンの入国、日本への帰国いずれも隔離措置、自宅待機もなしでの渡航が可能となります。

フィリピンから帰国時の自宅待機が不要にならない条件

上記の通り全ての日本人が2022年3月1日よりフィリピンから帰国する際には指定ホテルでの隔離措置は不要となりますが、新型コロナワクチンを未接種、もしくは1回、2回のみの場合は原則として7日間の自宅待機が必要です。

但し入国後3日目以降に自主検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機は不要となります。

有効なワクチン接種証明書(3回) 0日目(入国日) 1-3日目 4-7日目
あり 検疫で検査 指定ホテルの隔離、自宅待機のいずれもなし
なし 自宅待機
(※3日目の以降に自主検査し陰性結果を入国健康確認センターに届け出、待機修了のお知らせにより待機期間終了)
待機なし

自宅への公共交通機関の使用について

入国後の自宅待機のため移動する際は、公共交通機関の使用が可能となります。ただし、入国時の検査(検体採取時)から24時間以内に移動が完了し、かつ自宅等までの最短経路での移動に限ります。

国内線の乗り継ぎがある場合は同日中もしくは入国から24時間以内に自宅に到着できるように航空券の手配をするなど事前にしっかりと帰国のためのプランを計画をする必要があります。

留学相談
\ 最低価格保証でフィリピン留学のお申込できます /
関連記事